電気脱毛のデメリット

針を刺す痛みと通電の痛み

脱毛サービスで脱毛をしてもらうとき、レーザー脱毛か光脱毛そして電気脱毛の選択があります。どの方法にも共通する問題として痛みがあり、最も痛みが少ないとされるのが光脱毛になるでしょう。人によってはほとんど痛みを感じなかったりもするようです。レーザー脱毛は刺激が強いために一定の痛みがありますがそれ以上に痛みがあるのが電気脱毛になるでしょう。電気脱毛は脱毛したい部分の毛根に針を刺して通電し毛根に刺激を与えて発毛力を失わせる方法を取ります。針を刺すときにチクっとした痛みがありさらに通電をしたときにもパチっとした痛みが走ります。本格的な施術を受ける前にどれくらいの痛みがあるのか試しに受けた方がいいでしょう。それで耐えられそうなら電気脱毛で行ってもらいましょう。

施術時間が長くなる可能性

レーザー脱毛と光脱毛は見た目は同じような脱毛器を使って脱毛していきます。脱毛したい部分にレーザーや光を当てるとその部分の毛根に刺激が行き、数日後にそれらの毛が抜け落ちていきます。一度の照射で一定範囲の毛根に刺激が与えられるので、わきなどの狭い範囲なら短時間で施術が終わります。電気脱毛は毛穴一つ一つに針を刺して通電をして毛根に刺激を与えていくので、レーザー脱毛などに比べるとかなり時間がかかると言えるでしょう。わきなどの狭い範囲でもそれなりに毛穴があるので、技術があるスタッフが施術をするとしてもそれなりの時間がかかってしまいます。全身全てを電気脱毛で行ってもらうのではなく、どうしてもレーザーなどが使えないところのみにするのがいいかも知れません。